アクセス

新着情報:





海洋生物の資源管理や保全の研究に関心のある大学院生を募集しています。
大学院生の研究テーマは、水産資源学・数理生物学・保全生物学など
多岐に渡りますが、基本的にはデータを生かすセンスとアイデアで勝負です。
皆さんの行動力と独創性に期待します。
当研究室に関心をもたれた方は、教官や在学生にe-mailで気軽に質問してください。
研究室訪問も大歓迎です!


大学院入試について
資源解析分野の院生になるには
東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻
入学試験を受けて下さい。





資源解析分野では、大学院生の教育の一環として、セミナーを実施しております。
毎週火曜日10時00分より、大気海洋研究所556号室にて行っております。
通常は、1時間~2時間弱で終わります。興味がある方は、是非ご参加ください。
セミナーに関するお問い合わせは、世話人(平松一彦)まで。

研究発表: 発表者は自分が進めている研究の途中経過を報告して、参加者とのディスカッションを行います。 途中経過を発表することは、それまでの成果をまとめて、これから先のことを考える良い機会です。 研究が多少なりとも進んだ場合には、セミナーで発表をしてみることをおすすめします。 別の研究室や外部の研究機関から研究者を招いて、研究を紹介していただくこともあります。

論文紹介: 自分が読んでみて面白いと感じ、役に立つと思った論文を紹介します。 論文紹介のために論文を読む必要はありません。 何ページにもわたる論文の中から、特に重要な情報をうまく抽出・要約して、短い発表時間でもひとに理解してもらう技術を磨きましょう。 論文を読みながら、パラグラフ・ライティングのコツを身につければ、あとで自分が論文を書くときにたいへん役立ちます。

輪  読: 水産資源学・生態学・統計学に関する英語の教科書を参加者全員で順番に読み解きながら学びます。 2013年度は久保拓弥著「データ解析のための統計モデリング入門」(岩波書店、2012)を読みました。 2016年度は田中栄二著「新訂 水産資源解析学」(成山堂書店、2012)を読んでいます。







白木原国雄(教授) shirak[at]aori.u-tokyo.ac.jp
平松一彦(准教授) khiramatsu[at]aori.u-tokyo.ac.jp
入江貴博(助教) irie[at]aori.u-tokyo.ac.jp
※[at]を@に置き換えてから送信してください

郵便物の送付先:
〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東京大学大気海洋研究所
東京大学大気海洋研究所 海洋生物資源部門 資源解析分野
FAX番号:04-7136-6255(共通)